米クライスラー:国内市場シェアは今年低下-法人向け販売縮小で

米投資ファンド、サーベラス・キャピタル・ マネジメントに買収された米自動車大手クライスラーは14日、国内市場シェア が今年は低下するとの予想を明らかにした。同社は消費者向け販売に重点を置 き、レンタカー会社への販売を縮小する方針だ。

ジム・プレス社長はデトロイトで開催の北米国際自動車ショーでインタビ ューに応じ、2008年の市場シェアについて「当社の個人向けの市場シェアは拡 大するだろう」との見方を示す一方、「大口顧客(フリート)向けのシェアは 低下し、全体のシェアも下がるだろう」と述べた。ただ、具体的な見通しは示 さなかった。

オートデータによれば、2007年の米自動車販売全体に占めるクライスラー のシェアは12.9%と、米ゼネラル・モーターズ(GM)、トヨタ自動車、米フ ォード・モーターに次いで4位。

レンタカー会社など法人顧客向けの値引き販売の削減はクライスラーの利 益率向上につながり、消費者が購入した自動車の再販価格を押し上げるとみら れる。クライスラーは大口の法人向け販売を売上高全体の約20%と、2007年 の約30%から引き下げる計画だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE