韓国サムスン電子の10-12月期:6.6%減益-半導体価格の下落響く

時価総額でアジア最大のエレクトロニクス 製品メーカー、韓国のサムスン電子が15日発表した2007年10-12月(第4四 半期)決算は、前年同期比6.6%減益となった。供給過剰でコンピューター用半 導体メモリー価格が過去最低水準に下落したことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。