韓国サムスン電子の10-12月期:6.6%減益-半導体価格の下落響く

時価総額でアジア最大のエレクトロニクス 製品メーカー、韓国のサムスン電子が15日発表した2007年10-12月(第4四 半期)決算は、前年同期比6.6%減益となった。供給過剰でコンピューター用半 導体メモリー価格が過去最低水準に下落したことが響いた。

純利益は2兆2100億ウォンと、前年同期の2兆3700億ウォンから減少し た。売上高は前年同期比11%増の17兆4800億ウォンだった。ブルームバーグ・ ニュースがアナリスト22人を対象にまとめた予想中央値では、利益が1兆9500 億ウォン、売上高は17兆1000億ウォンが見込まれていた。

コンピューター用メモリー生産を拡大したサムスン電子は、半導体価格下 落によって液晶ディスプレー(LCD)や携帯電話事業で稼いだ利益が侵食さ れた形だ。シティグループやUBSのアナリストによると、半導体価格が引き 続き下落するなかで、08年1-3月(第1四半期)の利益は前期比で減少する 見通しだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE