米シティとメリル、計211億ドル増資-米欧金融機関では計594億ドル

米大手金融機関のシティグループとメリル リンチは15日、合計で約211億ドル(約2兆2500億円)の増資を発表した。 米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンに絡む損失を受け、 ともに2カ月で2回目の増資で海外投資家などから資金を受け入れる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。