トヨタ:新興市場向け低価格車の開発進める、印タタに対抗-渡辺社長

トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は14日、 インドなど新興市場向けの低価格車の開発を進めていることを明らかにした。 トラック生産でインド最大手のタタ・モーターズが計画している10万ルピー (約27万5000円)の車種に対抗するのが狙いという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。