伊ENIなど、カシャガン油田でカザフスタン政府権益拡大で合意

イタリアのエネルギー会社ENIとパー トナーは、カスピ海沖のカシャガン油田事業で、カザフスタン政府の権益を増 やすことを認めた。同政府への分配利益を増やし、生産開始の遅れや経費増大 での対立解消を目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。