12月の英生産者物価指数:出荷価格、5%上昇-91年来の高い伸び

英政府統計局(ONS)が14日発表した昨 年12月の生産者物価指数(PPI)統計では、出荷価格(季節調整前)が前年 同月比5%上昇し、1991年以来の高い伸びとなった。イングランド銀行が追加 利下げを見送る公算が高まった。前月は4.7%上昇(改定前=4.5%上昇)に改 定された。

12月の出荷価格は前月比では0.5%上昇。ブルームバーグ・ニュースがエコ ノミスト26人を対象にした調査中央値では、前年同月比4.7%上昇、前月比

0.4%上昇と見込まれていた。

エネルギー価格上昇によるインフレリスクと経済見通しの悪化リスクが均衡 を保ったとの見方を背景に、イングランド銀は先週、利下げを見送った。ただ、 年内には利下げを実施するとの観測が広がったことを受け、この日のポンド相場 はユーロに対し最安値まで下落した。

ロイズTSBグループのエコノミスト、ケネス・ブルックス氏(ロンドン在 勤)は、生産者物価指数について「依然として企業によるコスト上昇分の製品価 格への転嫁が可能であると示されたことから、より積極的な利下げが実施される との観測が後退した可能性がある」と指摘。「イングランド銀は引き続き景気減 速に注視しなければならない」との見方を示した。

12月の生産者物価指数は4カ月連続で上昇。ガソリンと食品、化学製品を 中心に価格が上昇した。航空燃料は前年同月比で11.6%上昇と、2005年7月以 来の高い伸びとなった。ガソリン製品価格は20.5%上昇し、ここ7年余りで最 大の上昇となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE