コンテンツにスキップする

中国株(14日):CSI300指数上昇、3カ月ぶり高値-酒造株高い

中国株式相場は上昇し、CSI300指数 がほぼ3カ月ぶりの高値を付けた。酒造大手、貴州茅台酒が需要高を理由に平均 約20%の値上げを実施したことを受けて、宜賓五糧液など酒造株への買いにつ ながった。

モルガン・スタンレーのアナリスト、ロジャー・チャン氏は顧客向けのリポ ートで、「宜賓五糧液は年内に再び価格を引き上げるかもしれない」と述べた上 で、貴州茅台酒による値上げに「瀘州老窖など他の高級酒造も続く可能性があ る」と語った。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は、前週末比32.61ポイント(0.6%)高の5731.15と、終値と しては昨年10月17日以来の高値となった。上海証取のA株と外貨建てB株の 双方に連動している上海総合指数は0.2%高の5497.90、深セン証取のA・B 両株に連動の深セン総合指数は1.1%高の1570.40で引けた。

貴州茅台酒(600519 CH)は8.10元(3.8%)上げ224.12元と、先月 12日以降で最大の上げ。宜賓五糧液(000858 CH)は1.16元(2.5%)高の

46.81元。

この日の金相場が過去最高値まで上昇したことを受け、産金銘柄も高い。 中国最大の産金上場会社、中金黄金(600489 CH)は5.33元(4.2%)高の

132.45元となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE