トヨタ:プラグインハイブリッドカーを2010年に商品化-世界展開へ

2007年の米国販売台数が初めて米フォード・ モーターを上回って第2位となったトヨタ自動車は、家庭用電源から直接充電 できるリチウムイオン電池を搭載したプラグイン方式のハイブリッドカーを 2010年までに市場投入すると発表した。トヨタの渡辺捷昭社長が13日(現地時 間)、北米国際自動車ショー(デトロイトオートショー会場)で会見し、明らか にした。

渡辺社長は会見で、プラグインハイブリッドカーを「北米を中心に世界展 開する」と語った。さらに渡辺社長は、米国の次期燃費規制に適合するため、 プラグインハイブリッドカーに加えて、低公害型のクリーンディーゼルエンジ ンを新たに開発し、北米専用のピックアップトラック「タンドラ」およびスポ ーツ型多目的車(SUV)「セコイア」にそれぞれ搭載する方針も示した。ただ、 具体的な発売時期は明らかにしなかった。

トヨタは2010年代の早い時期にハイブリッドカーを年間100万台販売する 目標を掲げるとともに、全車種への展開を表明している。トヨタは1997年9月 にハイブリッド専用モデルの初代「プリウス」を発売して以降、高級車ブラン ド「レクサス」やSUVなどにもハイブリッド仕様を展開しており、07年末の 累計販売台数は125万台に達したという。

前週末11日のトヨタの株価終値は前日比30円(0.5%)安の5630円。

--共同取材:藤村奈央子  Editor:Hitoshi Ozawa

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 米デトロイト 小松 哲也 Tetsuya Komatsu +81-3-3201-3370 tekomatsu@bloomberg.net Alan Ohnsman +1-323-782-4236 aohnsman@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京     大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE