内閣府:11年度の基礎的財政収支、GDP比で0.1%赤字見通し-朝日

12日付の朝日新聞朝刊は、国と地方を合わせ た2011年度の基礎的財政収支が名目国内総生産(GDP)比で0.1%程度の赤字 になる見通しであることが、内閣府の試算で11日に明らかになったと伝えた。基 礎的財政収支とは、借金以外のその年の収入で政策経費を賄えるかを示す指標。 昨年8月時点では、収支が均衡する見通しだったが、税収の落ち込みや成長率の 予想を下方修正したことが影響したという。

記事では、政府は黒字化を目標にしているとして、今後税収増加策や歳出削 減を迫られる可能性があるとしている。17日に開催される経済財政諮問会議に提 出され、経済財政運営の中期方針に盛り込まれる見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE