台湾:立法院選挙の投票始まる、国民党が優位-3月の総統選の前哨戦

3月の台湾総統選挙の前哨戦となる立法院 (国会、定数113)選挙の投票が12日、始まった。

アナリストや事前の世論調査によると、中国との融和姿勢を示す最大野 党・国民党が定数113議席の3分の2を獲得する可能性がある。定数は今回の 選挙から113と、従来の225から半減となる。

民主進歩党(民進党)の陳水扁総統は台湾の独立を強調してきたが、支持 率は低下し、中国や米国から不評を買った。民進党は50議席の獲得を見込むと しているが、国民党が勝利すれば中国による台湾統一につながると警告してい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE