米国市場のアジア株(11日):反落-世界の経済成長への懸念広まる

米国市場のアジア株相場は反落。週間ベー スでは3週連続で下落し、昨年8月以来の連続安となった。鉱山最大手の英豪 BHPビリトンが商品株の下落を主導した。中国の貿易統計とマネーサプライ (通貨供給量)統計により、世界の経済成長減速への懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。