カナダ・ドル(11日):6日続落-米景気減速波及への懸念強まる

11日の外国為替市場で、カナダ・ドルは6 営業日連続で下落し、昨年3月以来の連続安となった。11日発表の雇用統計で、 雇用ネット変化率が事前予想に反してマイナスに落ち込み、米景気低迷の影響 が波及しつつあるとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。