米ボストン連銀総裁:住宅価格の低下、設備投資と個人消費押し下げへ

ボストン連銀のローゼングレン総裁 は11日、米住宅価格の低下が消費者や企業の支出の鈍化につながる可能 性があるとの見方を示した。同総裁は先月の米連邦公開市場委員会(F OMC)で0.5ポイントの利下げを主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。