12月の米輸入物価:前月比変わらず、石油除くと0.3%上昇(2)

米労働省が11日に発表した12月の輸入物価 指数は前月比変わらずだった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミ ストの予想中央値は0.1%上昇だった。石油を除く輸入物価指数は前月比0.3% 上昇した。

2007年通年では輸入物価は10.9%上昇し、少なくとも1987年以来で最大の 伸びとなった。

11月の輸入物価指数は前月比3.3%上昇と速報値の2.7%上昇から上方 修正された。

項目別では石油・同製品の輸入価格は前月比0.6%低下、前月は12.7%の急 上昇だった。前年同月比では50.1%上昇した。

天然ガス価格は2.8%上昇。前月は16%上昇だった。また、前年同月比では

2.7%低下した。

すべての燃料価格を除く輸入物価は前月比0.3%上昇、前年同月比では3% 上昇した。

金属などの産業用素材コストは0.1%の低下。昨年8月以来で初の低下とな った。食品価格は0.6%上昇。前月は0.1%低下だった。

米国からの輸出価格は前月比0.4%上昇。11月は0.9%上昇だった。前年同月 比では6%上昇した。農業品を除く輸出では0.3%上昇(前月は0.9%上昇)し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE