薬害肝炎救済法が成立、1人当たり4000-1200万円支給、与野党が協調

薬害C型肝炎患者全員を一律救済するため の「薬害肝炎被害者救済特別措置法」は11日午前の参院本会議で、全会一致で 可決、成立した。衆参両院で与野党の勢力が異なる「ねじれ国会」の状況下で被 害者救済を優先する与野党が対決を避けて協調した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。