アジア株:下落、米サブプライム損失拡大を懸念-金融株が安い

11日のアジア株式相場は下落。このままい けば、MSCIアジア太平洋指数は週間ベースで1カ月ぶりの大幅な下げとな る。米サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)関連投資の損失 が拡大するとの懸念が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。