債券は上昇、売り先行後は株下落で持ち直し-10年債は1.425%(2)

債券相場は上昇(利回りは低下)。米国市 場で株価が続伸し、長期債が安くなった地合いを引き継ぎ、売り先行で始まっ た。その後は日経平均株価が下落に転じたことが支援となり、上昇に転じた。福 井俊彦日銀総裁、武藤敏郎副総裁の国会での発言は、景気下振れリスクを意識さ せる内容と受け止められ、新発10年債利回りは1.425%と昨年12月4日以来の 水準まで下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。