東京外為:ユーロが高値圏もみ合い、ECBの引き締めバイアス際立つ

午前の東京外国為替市場ではユーロが高値 圏でもみ合った。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受 け、米金利の先安観が強まる一方、欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が 金融政策の引き締めバイアスを示したことで、金利面でのユーロの優位性が意 識され、対ドルでは約1週間ぶりのユーロ高水準で推移。金利先高観の乏しい 円に対しては2日以来の高値を更新する場面も見られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。