吉野家の安部社長、どんと牛肉調達で相乗効果期待-M&Aは能動的に

牛丼チェーン店などを傘下に持つ吉野家ホー ルディングス(HD)の安部修仁社長はブルームバーグ・ニュースのテレビイン タビューで、来期(2009年2月期)に子会社化を目指すステーキチェーン店展開 のどんと牛肉の共同仕入れで相乗効果が発揮できると期待感を示した。また、M &A(企業の買収・合併)について、これまでの受動的だったスタンスから能動 的へと路線を転換することも強調した。主なコメントは次の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。