米ブラックストーン:金融保証会社FGICへの出資で評価損も-社長

米投資会社ブラックストーン・グループは、 金融保証会社FGICへの出資で評価損を計上する可能性がある。サブプライ ム(信用力の低い個人向け)住宅ローン市場崩壊の影響によるもので、ハミル トン・ジェームズ社長が10日までに明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。