フィッチ:シアベッタ氏が退社-CDOとSIVの格付け責任者

格付け会社フィッチ・レーティングスで債 務担保証券(CDO)やストラクチャード・インベスト・ビークル(SIV) の格付けの責任者を務めていたジョン・シアベッタ氏が退社したことが10日分 かった。

フィッチの広報担当者ジェームズ・ジョックル氏によると、シアベッタ氏 は同社に10年余り在籍した。ジョックル氏は電話インタビューで、シアベッタ 氏は「他の機会を求めて退社した」と述べ、詳細を語らなかった。

フィッチなど大手格付け会社は2007年半ば以来、CDOやSIVの大規 模格下げを発表している。フィッチは同年11月に、米国の住宅ローン担保証券 を含むCDO298億ドル(約3兆2700億円)相当を格下げした。シアベッタ 氏のチームは同年12月に、1カ月前からの新規CDO格付け事業の凍結をさら に延長した。フィッチは「1月半ば」までに格付け方法の見直しを完了する計 画を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE