韓国ポスコ:10-12月は20%減益-ステンレス鋼の需要鈍化響く(2)

時価総額でアジア最大の製鉄会社、韓国の ポスコが10日発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比 20%減益となった。ステンレス鋼の需要鈍化や生産の減少が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。