豪セントロ株が大幅安-監督当局が債務処理で聴取との報道を嫌気

米国にショッピングモールを保有するオー ストラリアの不動産投資信託運用会社セントロ・プロパティーズ・グループの株 価が10日、3週間ぶりの大幅下落となった。監督当局が債務の会計処理に関し 同社に聴取を行ったと、豪州紙オーストラリアンが報じたことが嫌気された。

この日のオーストラリア証券取引所でセントロ株は、前日比0.25豪ドル (23%)安の0.86豪ドルで引けた。4日続落で、週初からは約3分の1下落し ている。

オーストラリアンは、セントロの経営幹部が9日にオーストラリア証券取引 委員会(ASIC)の当局者と会談したと報じた。ASICのオフィスのロビー での会話を耳にした記者の話として伝えた。

セントロは、2月15日までに39億豪ドル(約3770億円)の債務借り換え を行う必要があり、アンドルー・スコット最高経営責任者(CEO)は資産の売 却を検討している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE