Fリテイリ:第1四半期純利益8.7%増、販売促進で「ユニクロ」堅調

衣類小売りアジア最大のファーストリテイリング の第1四半期(2007年9-11月)連結純利益は、前年同期比で8.7%増加した。主力 のカジュアル衣料品「ユニクロ」の国内事業が堅調で増収増益を確保した。

東証で10日発表した業績資料によると、第1四半期の純利益は154億円(前年同 期は142億円)に増えた。カシミアなど秋冬衣料の販売促進で、国内ユニクロの既存 店売上高が10月に上昇に転じている。海外ユニクロ事業も営業黒字化した。

全体の売上高は前期比11%増の1604億円、本業の儲けを示す営業利益は12%増 の281億円だった。

通期(2008年8月期)収益予想は従来見通しを維持した。純利益は388億円と前 期比で22%増加する見通し。

前期(07年8月期)純利益は前の期に比べて21%減、ブルームバーグ・ニュース が算出したこの期の第4四半期(6-8月)純利益は前の期に比べて97%減だった。

Fリテイリの柳井正・会長兼社長は午後3時半から東証で記者会見する予定。

Fリテイリの株価終値は、前日比220円(2.9%)高の7800円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE