次世代DVD規格争い、パラマウントの動向が影響-水戸証・若林氏

水戸証券調査部の若林惠太アナリストは10 日、ブルームバーグ・ニュースのテレビインタビューで、ソニーや松下電器産業 の「ブルーレイ・ディスク」と、東芝などの「HD-DVD」の新世代DVD規 格争いをめぐり、米映画大手ワーナー・ブラザーズがブルーレイの単独支持を表 明したことなどについて、次の通りコメントした。

新世代DVD規格では、ブルーレイが優位となっているか:

「優位になっていると思う。次世代DVDの1番のポイントとなるのはソフ ト販売なので、ワーナーの移籍は大きい」

「全米で2割弱のシェアを持つワーナーが入ったことで、ブルーレイが7割 という大きなシェアを持つことになる」

「消費者は規格争いがかなり拮抗しているというイメージを持っていた。購 入を動機付ける大きな要因になる」

勝敗がはっきりするには何が鍵となるのか:

「パラマウントの動向が大きな影響を与えると思う」

--共同取材:吉川淳子、Editor:Kenzo Taniai1, Hideki Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 林 純子 Junko Hayashi +81-3-3201-3059 juhayashi@bloomberg.net

竹内 カンナ Kanna Takeuchi +81-3-3201-8969 ktakeuchi@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Keita Wakabayashi   Kanna Takeuchi Junko Kikkawa Junko Hayashi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE