東京外為:ドルが上昇幅縮小、米FRB議長講演を警戒-109円台後半

東京外国為替市場ではドルが上昇幅を縮小 する展開となった。ドル・円相場は1ドル=109円台後半と、前日のニューヨー ク時間午後遅くに付けた110円04銭からドルが水準を切り下げた。米サブプラ イム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題を背景に米国以外の主要国の景 気減速感が強まっていることから、ドルの買い戻しが先行したものの、米連邦 準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長の講演内容への警戒感から、ドル の上値は限られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。