11月の景気一致指数は8カ月ぶりに50%割れ-先行きも不透明感

11月の景気の現状を示す景気一致指数は8 カ月ぶりに判断の分かれ目となる50%を下回り、足元の景気減速を示唆する内 容となった。また、半年程度先の国内の景気動向を占う景気先行指数も4カ月 連続で50%を下回り、先行き不透明感が漂っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。