08年株式テーマ:原子力・省エネ関連の注目度高まる-CS証・市川氏

クレディ・スイス証券の市川眞一ストラ テジストは2008年の日本株における株式テーマについて、「代替エネルギー や省エネルギーの関連企業に投資していくことが重要」との認識を示した。代 表銘柄として東芝や住友電気工業、東洋炭素などを挙げている。ブルームバー グ・テレビのインタビューに答えた。

市川氏は、現在はエネルギー価格の高騰が世界経済に対するリスク要因に なっているとし、代替エネルギー開発や省エネルギー技術に対する注目度がど こかの段階で必ず高まってくると予想。そうした動きは第1次オイルショック や第2次オイルショックの時にも起こったと述べ、「地球環境温暖化問題や中 東の政情不安をさらに抱えている現在は、先進国や新興国などを問わず各国が 対応せざるを得ない」(市川氏)と主張する。

これらの分野は、日本が強い技術力を持っていると市川氏は評価。代替エ ネルギーでは本流が原子力発電にあるとし、世界の原子力ビジネスの中で有力 な企業となりつつある東芝が有望だとする。米大統領選挙の民主党候補ヒラリ ー・クリントン氏は昨年12月5日に打ち出した環境政策において、温暖化ガ スの削減目標を2050年までに1990年比80%減としているが、「原子力発電に よる効果を考慮しなければ減らせない」と市川氏は言う。

また、省エネ化では家庭用電源で充電できる自動車のプラグイン・ハイブ リッド車、照明ではLED(発光ダイオード)などが代表的なテーマになりそ うだと予測。LEDでは住友電工や東洋炭素などが注目されるとしていた。

--共同取材:小笹俊一 Editor:Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Nicolas Johnson +81-3-3201-8343 nicojohnson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE