良品計画株が5日ぶり反発、仕入れコストの削で四半期利益率が改善

「無印良品」ブランドの製造・販売を手がけ る良品計画の株価が5営業日ぶりに反発。取引先の集約や直接輸入などによる調 達構造の見直しでコスト削減が進展している。前日発表された第3四半期累計 (3-11月)業績によって粗利益率が改善していることが判明。通期予想に対 する進ちょく率が高かったこともあり、業績に対する安心感から買いが先行した。 午前の株価終値は前日比210円(3.3%)高の6520円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。