温暖化対策:途上国に5年間で1兆円支援、首相が表明へ-日経

10日付の日本経済新聞朝刊は、地球温暖化 防止対策として福田康夫首相が近く打ち出す途上国への資金援助策が明らかに なったと報じた。温暖化ガス削減や代替エネルギー普及などの目的別に、5年 間で総額100億ドル(約1兆1000億円)を無償資金協力や円借款などで供与す るのが柱という。2012年で終了する京都議定書以降の枠組みづくりを目指し、 温暖化対策が遅れている途上国が参加しやすい環境を整える狙いだと伝えてい る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。