日本株は輸出中心に続伸へ、米景気懸念の後退-円高一服も追い風(2

東京株式相場は続伸する見込み。9日の米 国市場では、化学大手のデュポンが収益見通しを引き上げたほか、取引終了後 にアルミニウム大手のアルコアが発表した2007年10-12月(第4四半期)決 算が市場予想を上回り、米景気後退に対する警戒が和らいだ。円高の一服もあ り、採算悪化懸念の後退から、電機や自動車など輸出株を中心に買われそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。