米国株:2週間ぶりの大幅な上げ、テクノロジーや金融が主導

米株式相場は反発。投資家ウォーレ ン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイが地方債保証会社への投 資の可能性に言及したことや世界最大のパソコンメーカー、ヒューレッ ト・パッカード(HP)が景気鈍化局面でも業績が持ちこたえるとの見 通しを示したことが好感され、株価は2週間ぶり大幅な上げとなった。

ベアー・スターンズやメリルリンチ、モルガン・スタンレーが上昇 し、金融株は4年ぶり安値から反発した。HPを中心にテクノロジー株 は7営業日ぶりに上昇。また、バイオテクノロジー会社4位のギリア ド・サイエンシズと医薬品最大手のファイザーも高い。ゴールドマン・ サックスのアナリストが景気鈍化局面でも医薬品メーカーの利益が引き 続き増加するとの見通しを示したことが好感され、買いが膨らんだ。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比18.94ポイント(1.4%)上げて1409.13。ダウ工業株30種 平均は同146.24ドル(1.2%)高の12735.31ドルとなった。ナスダック 総合指数は同34.04ポイント(1.4%)高の2474.55ポイント。

クリアーブルック・ファイナンシャル(ニュージャージー州プリン ストン、運用資産100億ドル)の最高投資責任者、トーマス・ソワニッ ク氏は「バフェット氏は良かれ悪しかれ、恐らく世界で最も賢い投資家 だとみられている」と指摘。「市場参加者は同部門に注目し、金融株が 上げを主導した」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE