【米個別株】カントリーワイド、デュポン、MBIA、キューロジック

9日の主な銘柄は以下の通り。

カントリーワイド・ファイナンシャル(CFC US):35セント (6.4%)安の5.12ドル。米住宅金融最大手のカントリーワイド・ファ イナンシャルは2007年12月に組成した住宅ローンの総額が前年同期比 で45%減少したと明らかにした。住宅差し押さえ件数やローンの返済遅 延は約5年ぶりの高水準となっている。

デュポン(DD US):2.03ドル(4.8%)高の44.78ドル。米化学3 位のデュポンは07年通期の利益が前年比11%増加したもようだと発表、 08年通期の見通しを上方修正した。

MBIA(MBI US):58セント(4.2%)安の13.40ドル。米金融 保証大手のMBIAは、10億ドル(約1100億円)相当の社債発行で資 本を増強する計画と減配を発表した。「AAA(トリプルA)」の格付 け引き下げ回避が狙い。同社はまた、保証する債務の信用の質劣化を理 由に、07年10-12月(第4四半期)の損失額として7億3700億ドルを 計上すると明らかにした。

キューロジック(QLGC US):59セント(4.5%)高の13.74ドル。 データ管理の回路基盤を手掛けるキューロジックは07年10-12月(第 3四半期)決算の暫定集計を発表し、売上高と利益が予想を上回ったと 明らかにした。

アポロ・グループ(APOL US):11.05ドル(16%)高の79.16ドル。 大学経営のアポロ・グループは8日、2007年9-11月期の利益が1株当 たり83セントに増加したと発表。ブルームバーグ・ニュースがまとめた アナリスト予想の平均である73セントを上回った。

ベアリングポイント(BE US):41セント(16%)安の2.10ドル。 ゴールドマン・サックス・グループはコンピューター関連コンサルティ ング会社のベアリングポイントの株式投資判断を「中立」から「売り」 に引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE