コンテンツにスキップする

NY原油時間外:上昇-ナイジェリア暴動懸念や米在庫減少との観測

ニューヨーク原油先物相場は、9日の時間外 取引で上昇している。アフリカ最大の産油国ナイジェリアでの暴動の恐れや米国 の原油在庫が8週連続で減少するとの観測が背景。

ブルームバーグ・ニュースの調査では、米エネルギー省(DOE)がこの日 発表する統計では、米国の原油在庫が210万バレル減になると予想されている。 またナイジェリアの過激派は、国内で「近く攻撃を行う」との警告を発した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は、9日の時間外 電子取引で一時、前日比81セント(0.8%)高の1バレル=97.14ドルを付けた。 ロンドン時間午前9時57分(日本時間午後6時57分)現在は、1バレル=

97.05ドルで推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE