アジア太平洋の債券保有リスク上昇-米カントリーワイド破たん懸念で

9日のクレジット・デフォルトスワップ(C DS)市場では、アジア太平洋地域の債券保有リスクが5営業日連続で高まっ ている。住宅金融で米最大手のカントリーワイド・ファイナンシャルが破産申 請をするとの懸念が背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。