米大統領選Nハンプシャー予備選:クリントン氏勝利-アイオワから逆転

8日行われた2008年の米大統領選挙の各党 候補を選ぶニューハンプシャー州の予備選で、民主党はヒラリー・クリントン 上院議員(ニューヨーク州、60)がバラク・オバマ上院議員(イリノイ州、46) を抑えて勝利した。クリントン氏は、アイオワ州の党員集会での3位から逆転 を果たした。

アイオワ州で2位だったジョン・エドワーズ元上院議員(ノースカロライ ナ州、54)はニューハンプシャーでは3位となった。

オバマ氏は8日夜、支持者を前に敗北を認めるスピーチを行った。オバマ 氏は支持者に向け、「ニューハンプシャーの接戦を制したクリントン氏をたた えたい」が、「私もまだ気力が十分で戦いを続ける用意がある」と語った。

AP通信によると、301の投票区のうち67%の集計が進んだ時点で、クリ ントン氏の得票率は39%と、オバマ氏の36%を上回っている。クリントン氏は 終始、リードを維持した。エドワーズ氏の得票率は17%。ビル・リチャードソ ン・ニューメキシコ州知事は5%となっている。

会場に集まった約450人のクリントン氏の支持者とボランティアの間から は、米各局が同氏の勝利予測を報じるとともに歓声が上がった。

ニューハンプシャー州で保険代理店を経営するビル・トンプソン氏(60) は「入ってきたときはお通夜のようだった。敗北を覚悟していたので、皆びっ くりしていると思う」と話した。

クリントン氏は女性の投票者から支持を集めた。MSNBCの出口調査に よれば、同氏は女性票の47%を集め、オバマ氏の34%を圧倒した。3日前まで どの候補を支持するか決めていなかった有権者の票は、クリントン氏とオバマ 氏の間でほぼ2分された。

予備選前の世論調査は、アイオワ州で勝利したオバマ氏の有利を示唆して いた。

共和党ではジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州)がミット・ロムニー 前マサチューセッツ州知事を抑えて勝利した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE