日本株は上昇転換、景気不透明で薬品などディフェンシブ株が買われる

午後の東京株式相場は上昇に転換した。景 気先行き不透明感を背景として、武田薬品工業やアステラス製薬などの医薬品 株、東京電力など電気・ガス株に資金がシフトしている。医薬品株指数は東証 1部の業種別上昇率でトップ。原油など商品市況の高騰を受け、三菱商事など 大手商社株、商船三井などの海運株、新日本製鉄など鉄鋼株も高い。朝方売ら れていた銀行株も堅調。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。