東京外為:円が伸び悩み、株下げ渋りで買い続かず―109円台

午前の東京外国為替市場では円が伸び悩み。 住宅市場の悪化を背景に米景気の減速懸念が強まる中、前日の米国株安を受け、 朝方は円買い・ドル売りが先行。ただ、積極的に円を買う材料に乏しく、反落 して始まった日本株が下げ止まるとともに、ドル・円相場も1ドル=109円台を 回復している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。