メリル、UBS、リーマンなどに罰金、売買高過剰報告で-FINRA

米金融取引業規制機構(FINRA)は8 日までに、米メリルリンチやスイスのUBS、米リーマン・ブラザーズ・ホー ルディングスなど金融機関19社に、計280万ドル(約3億500万円)の罰 金支払いを命じた。ランキング決定の基になるトレーディング売買高を水増し 報告していたと指摘した。

FINRAの8日の発表によると、2006年8月の数字を調査した結果、 各社が少なくとも1つの証券について「大幅に水増し報告していた」ことが分 かった。投資家はこの売買高報告を基に、特定の銘柄の売買仲買に適した証券 会社を選択する。

FINRAの市場規制担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、トマ ス・ギラ氏は「売買高が正確に報告されるよう各社が措置を取ることが非常に 重要だ」と述べた。FINRAは各社が06年9月になるまで、適切な監視体 制を取っていなかったと指摘している。

罰金の最高額は20万ドルで、FINRAはメリルとUBS、リーマン のそれぞれの子会社などを含む8社に同額の罰金を科した。

処分の対象となった会社名と罰金額は以下の通り。

Broadpoint Capital Inc.                             $200,000
CIBC World Markets Corp.                            $200,000
Lehman Brothers Inc.                                $200,000
Merrill Lynch, Pierce, Fenner & Smith Inc.          $200,000
Needham & Co.                                       $200,000
Robert W. Baird & Co.                               $200,000
Thomas Weisel Partners LLC                          $200,000
UBS Securities LLC                                  $200,000
Bear Stearns Cos.                                   $150,000
BMO Capital Markets Corp.                           $150,000
Cowen and Co.                                       $150,000
Deutsche Bank Securities Inc.                       $150,000
Leerink Swann & Co.                                 $150,000
RBC Capital Markets Corp.                           $150,000
Piper Jaffray Cos.                                  $100,000
Friedman, Billings, Ramsey & Co.                     $50,000
Jefferies & Co.                                      $50,000
JMP Securities LLC                                   $50,000
Pacific Crest Securities Inc.                        $50,000
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE