メリル:モンタグ氏を採用か、元ゴールドマンの日本共同社長-関係者

米証券会社メリルリンチは、同業の米ゴール ドマン・サックス・グループを先月退社したトーマス・モンタグ氏(50)を採 用する方向で交渉している。事情に詳しい関係者2人が7日までに明らかにし た。モンタグ氏はゴールドマンで証券トレーディングのグローバル共同責任者 だった。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、モンタグ氏はメリルに加わ った場合、世界市場部門の責任者となり、株式トレーディングと債券部門を統 括する。モンタグ氏は現在もゴールドマンの顧問を務めているため、まだメリ ルとの合意には至っていないという。

メリルの最高経営責任者(CEO)に就任したジョン・セイン氏はゴール ドマン出身。同CEOは上級経営陣の補充を進めている。

モンタグ氏とメリルの広報担当者はコメントを控えた。

モンタグ氏はゴールドマンに22年在籍。2007年12月末にトレーディング 共同責任者を退任し「シニアディレクター」となった。ゴールドマンではロン ドンのマイケル・シャーウッド氏、アジアのJ・マイケル・エバンス氏ととも にトレーディング共同責任者を務めていた。昨年、米州トレーディング責任者 としてニューヨークに異動になるまでは日本事業の共同社長だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE