ベスト電株は急反発、2位のエディオンが提携提案の報道-活性化期待

家電量販店大手のベスト電器の株価が急反 発し、一時前日比7%高の765円まで上げ幅を拡大した。8日付の一部報道で、 家電量販店2位のエディオンがベスト電に対し提携提案を行ったと報じられ、 連携に伴う経営活性化などを期待した買いが先行している。午前10時31分現 在、前日比26円(3.6%)高の741円。

丸八証券の細井克己企業調査部長は、「朝方の新聞報道を受け、エディオ ンとの提携実現により一段の事業活性化を期待した向きがベスト電株を買って いる」と指摘した。

また細井氏は、ベスト電との提携をめぐり各社が動いている点について、 「根本には、ヤマダ電機1社が売上規模で大きくなり過ぎていることが背景に ある。どこがヤマダを追撃するのかにも注目だ」と話している。

エディオンは8日、ベスト電に対し資本・業務提携を申し入れたとの一部 報道に対して「業務提携を含め、あらゆる可能性を検討していることは事実」 としながらも、「現在、業務資本提携に関して決定したものはない」との声明 を発表した。

一方、ベスト電の豊島敬二郎・経営企画部次長は8日、ブルームバーグニ ュースに対し、「エディオンからの資本・業務提携の申し入れについて具体的 な事実として承知していない。また、エディオンによる株式取得については現 在のところ確認できていない」と話した。

8日付の日本経済新聞朝刊は、エディオンがベスト電器に対し資本・業務 提携を申し入れたことが明らかになったと報道。ベスト電は提携交渉に向け検 討を始め、月内にも結論を出す見通しという。エディオンはグループ会社でベ スト株を3%程度、すでに取得したもようとしている。ベスト電はビックカメ ラと資本・業務提携している。

エディオンの株価は午前10時34分現在、前日比25円(2.2%)高の1178 円で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE