米マイクロソフト、ノルウェーのファストサーチ買収へ-1340億円

米マイクロソフトは、ノルウェーの企業向 けインターネット検索ソフトウエアメーカー、ファストサーチ&トランスファ を66億ノルウェー・クローネ(約1340億円)で買収することで合意した。デ ータ検索・保存・管理ソフトの製品ラインを強化する。

両社が8日発表した。買収額はファストサーチ株1株当たり19クローネと、 4日の同社終値を42%上回る水準。買収は4-6月期中に完了する。

マイクロソフトはファストサーチ買収により、ドイツ・テレコムや米ユナ イテッド・パーセル・サービス(UPS)を顧客に持つ特注検索ソフトを取得。 昨年度の売上高が8億ドルを超えたデータ管理ソフト「オフィス・シェアポイ ント・サーバー」を補完する製品提供が可能になる。

サンフォード・C・バーンスティーンのアナリスト、チャールズ・ディ・ ボナ氏は、買収について「まだ明確な勝者がいない検索サービスの分野であり、 マイクロソフトにとって競合他社不在の市場開拓だ」と語った。

ファストサーチの8日株価終値は、前日比41%高の18.8クローネ。昨年1 年間の騰落率はマイナス9.6%。2006年はマイナス37%だった。同業の英オー トノミーは前日比9.4%高の990ドル。マイクロソフトは同3.4%安の33.45ド ルだった。

「シェアポイント」はマイクロソフトの創立以来、売上高の伸びが最も速 い製品。米IBMやオラクル、独SAPの製品とシェア争いを繰り広げている。 企業向け検索ソフト市場では、個人向け検索サービス最大手の米グーグルもシ ェア拡大を目指している。

マイクロソフトのアドバイザーは米ゴールドマン・サックス、ファストサ ーチは米メリルリンチがそれぞれ務めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE