日本株は下値模索へ、米住宅悪化で景気懸念-銀行など幅広く下落(2

東京株式相場は反落する見通し。米国の住 宅市場の悪化で景気後退への懸念が一段と強まったことから、金融株や輸出関 連株中心に業績不安の売りが先行するとみられる。なかでも金融機関の追加損 失の不安が高まったことで、銀行株の下げが大きくなりそう。株価指数は昨年 来安値を試す展開が予想される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。