米大統領選:オバマ氏のNハンプシャー州勝利確率98%に上昇-先物取引

2008年の米大統領選挙をめぐるオンライン先 物取引の8日の動向によれば、民主党のバラク・オバマ上院議員(イリノイ州) が同日のニューハンプシャー州予備選で勝利する確率は98%に上昇した。

オンライン取引所のイントレードでの先物取引が示すオバマ氏勝利の確率 は、7日に比べ4.5ポイント上昇した。賭けの参加者らは3日のアイオワ州党 員集会でのオバマ氏の勝利後、ニューハンプシャーでも同氏が勝つとの観測を 強めた。イントレードはトレード・エクスチェンジ・ネットワーク(ダブリン) の1部門。

一方、アイオワで3位に終わったヒラリー・クリントン上院議員(ニュー ヨーク州)がニューハンプシャー州予備選を制する確率は1.3%に低下した。7 日の取引は、確率5.8%を示唆していた。ジョン・エドワーズ元上院議員(ノー スカロライナ州)が8日に勝利する確率は0.7%。

オバマ氏が民主党候補指名を獲得する確率も74%に上昇。一方、クリント ン氏は24%に後退した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE