中国株(終了):CSI300指数、5日ぶり反落-中国船舶工業が安い

中国株式市場では、CSI300指数が5営業 日ぶり反落となった。最近の株価上昇が、業績の拡大予想に照らして行き過ぎと の見方が広がった。中国船舶工業集団(CSSC)が安い。

大衆保険で4100万ドル相当の資産運用に携わる呉侃氏は、「ここ数日間の相 場上昇は非常に大きなものがある」と指摘し、「一部の投資家は、利益確定売り に出ている」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているC SI300指数は、前日比28.54ポイント(0.5%)安の5528.05で終了。前日ま での4営業日では4.1%上げていた。

上海証取のA株と外貨建てB株の双方に連動している上海総合指数は

0.1%安の5386.53、深セン証取のA・B両株に連動の深セン総合指数は1.5% 安の1505.56で終了した。

招商銀行が前日、融資が伸び2007年通期の純利益(未監査)が前年比 110%増になったと発表したことを好感し、銀行株は上昇した。

船舶用ディーゼルエンジン製造で中国最大手のCSSC(600150 CH)は

13.99元(4.8%)安の277.63元。招商銀行(600036 CH)は、1.24元(3.2%) 高の40.31元。同行は、人民元とドルの両通貨建てクレジットカード発行で国内 最大手。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE