日本株(終了)5日ぶり反発、海運や陸運高い-安全志向で食品も上昇

東京株式相場は5営業日ぶりに反発した。 ドイツ証券が買いの投資判断を示した商船三井などを中心に海運株が高く、年 末年始の輸送実績が2年ぶりに増加したJR3社など陸運株も上昇。JTや味 の素、伊藤ハムなど食料品、マルハニチロホールディングスなど水産といった 業績安定度が高いと見られるディフェンシブ銘柄への買いも目立った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。