海運指数は5日ぶり反発、ドイツ証の買い判断やバルチックの久々反転

商船三井、日本郵船、川崎汽船など海運大 手3社の株価が総じて反発し、東証業種別33指数の海運指数も一時3.2%高と 5営業日ぶりに上昇転換。直近の相場全体の下落局面で海運株は最も売り込ま れた業種だったが、この日はドイツ証券が大手3社の投資判断を新規に「買 い」としたほか、海運市況を見る注目指標のバルチック・ドライ・インデック スが久々の反発を見せたため、見直す動きが活発化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。