コンテンツにスキップする

米住宅販売契約、07年9-11月は3分の1が取り消しか延期に-調査

米国の昨年9-11月の住宅販売契約の3分の 1が取り消しまたは延期になったことが、2416の不動産業者を対象にした調査 で7日までに分かった。住宅ローンの選択余地が狭まったのが背景。

12月第1週に実施された同調査によると、ローン関連の問題で破棄された 契約は全体の13%を占めた。米最大の住宅市場であるカリフォルニア州では、 契約の50%以上が延期または取り消しになった。

昨年は、新規差し押さえ比率が過去最高水準に上昇。100社を超える住宅ロ ーン会社が事業閉鎖や規模縮小、身売りを強いられた。また、頭金や提出書類 のほか信用度の条件を厳しくする動きが鮮明となり、住宅販売は1981年以来の 低水準に落ち込んだ。

-- Editor: Romaine Bostick.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jody Shenn in New York at +1-212-617-2380 or jshenn@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Emma Moody at +1-212-617-3504 emoody@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE