香港株(午前):3週間ぶり大幅安、米経済指標を嫌気-HSBC安い

午前の香港株式相場は下落。ハンセン指数 は3週間ぶりの大幅安となっている。前週末に発表された昨年12月の米雇用 統計や米供給管理協会(ISM)非製造業景況指数を受けて、米経済がリセッ ション(景気後退)入りするとの懸念が広がった。金融大手HSBCホールデ ィングスが安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。