豪ドル:対ドルで2週間ぶり安値-利上げ観測後退と商品価格下落で

8日の外国為替市場で、オーストラリア・ ドルは続落。一時は米ドルに対し2週間ぶりの安値を付けた。トレーダーらの 間で、今後1年間の利上げ観測が後退した。

オーストラリア準備銀行(RBA)が政策金利を引き上げるとの予想は、 ここ1カ月で最低水準となった。7日の商品価格指数は3週間ぶりの大幅低下 となり、豪ドル需要が後退した。原材料輸出は豪経済の約17%を占める。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の為替ストラテジスト、ジョ ン・キリアコポロス氏(シドニー在勤)は、「短期的には利上げ観測の一段の 後退による豪ドルの下落リスクを引き続き警戒している」と述べた上で、「商 品価格の下落が豪ドルを圧迫している」と指摘した。

豪ドルは米ドルに対し、シドニー時間午前9時13分(日本時間午前7時 13分)現在、1豪ドル=0.8722米ドル。アジア時間前日遅くは同0.8744 米ドルだった。一時は同0.8684米ドルと、昨年12月24日以来の安値を付 けた。対円では、1豪ドル=95円26銭と、前日の同95円74銭から下げて いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE